ブラジル カルモ・デ・ミナス コカリーヴェ

ブラジル カルモ・デ・ミナス コカリーヴェ

口に含むとオレンジのような風味から始まり

次にキャラメルのような甘さが広がっていきます。

最後にナッツを思わせる風味で消えていくちょっと楽しいコーヒーです。


コーヒー豆 価格

豆のまま…ミルをお持ちの方はこちらをおすすめします。

細挽き…直火式エスプレッソ マキネッタ用など

中挽き…ペーパーフィルター向け 定番の挽き目です。

中粗挽き…金属フィルター向け 当店のドリップの挽き目はこちらです。

粗挽き…フレンチプレス用


~このコーヒーの生産地情報~

国 : ブラジル
エリア : :ミナスジェライス州
カルモデミナス
標高:平均1,250m
生産組合 コカリーヴェ
精製方法:ナチュラル
品種:アマレロブルボン

 <コカリーヴェ(ヴァーレ・ド・リオ・ヴェルデ・コーヒー生産者組合)>

ヴァーレ・ド・リオ・ヴェルデ・コーヒー生産者組合(=COCARIVE:コカリーヴェ)は伝統的な農園の多い南ミナスにあるコーヒー生産地域カルモデミナスにあります。とても小さい町ですが1500m程の尾根が続くマンティケイラ山脈の麓にあるこの地域特性がブラジルコーヒーとは思えない味覚特性を生みます。コカリーヴェはカルモコーヒー社とパートナー提携しています。カルモコーヒー社はコカリーヴェ組合員への栽培や精選などの技術指導や、消費国でのスペシャルティーコーヒー事情やニーズの把握をおこない、コカリーヴェの高品質コーヒーのさらなる品質向上と販売促進に向けた努力を続けています。その結果、国内外問わず数多くの品評会においてコカリーヴェのコーヒーは高い評価を受けています。

コカリーヴェの組合員の多くが4代にも渡る歴史を有していますが、彼らの農園で働く労働者もまた4代続いているなど、その強固な信頼関係も高品質コーヒーの持続的な生産につながっています。現在も組合では定期的にセミナーを開催したり、将来コーヒー栽培に携わるであろう子どもたちに彼らのコーヒーの素晴らしさを伝えるべくカッピングセミナーなどを行ったりしています。労働者に対する社会的環境の整備や自然保護などにも重点を置き総合的なサステイナビリティーの確立に取り組んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする