ブラジル シテイオ ダ ペドラ カルモベストカップ #6

 驚く程ジューシーでありながらトロミを感じるほどの柔らかな口当たり。
マンゴーやトロピカルフルーツを思わせる果実感。後味に感じるラズベリーのような酸味とキャラメルやチョコを思わせる甘さ。様々な味わいが感じられる魅力的なコーヒーです。

豆のまま…ミルをお持ちの方はこちらをおすすめします。

細挽き…直火式エスプレッソ マキネッタ用など

中挽き…ペーパーフィルター向け 定番の挽き目です。

中粗挽き…金属フィルター向け 当店のドリップの挽き目はこちらです。

粗挽き…フレンチプレス用


このコーヒーの生産地情報

生産国 ブラジル
地域 カルモデミナス,ミナスジェライス
農園 シティオ ダ ペドラ
品種 イエローカトゥアイ
標高 1,150m~1200m
生産処理ナチュラル

~ストーリー~

シティオダペドラはルシアノホセブラガが経営している40ヘクタールほどの農園です。45年彼の家族はこの農園を所有し続けています。ルシーノの祖父であるホセブラガデリベイラがシティオダペドラの最初の開拓者であり、彼のときからいまだ収穫時期は家族のみで行う小さな農園です。 現在も家族的な精神は息づいており、少しずつではあるが農地も拡大していっている。ルシアーノが農園で働き始めたときは15歳で彼の父や祖父の手伝いをはじめました。そして、生産技術を学び、長い間実践を積むことで、2002年スペシャルティコーヒーの生産に着手しました。 彼の最初のスペシャルティコーヒーはカトゥアイで、それは85点をたたき出しルシアーノは驚きました。 それから彼は夢中になっていきました。 コーヒーはルシアノや家族にとって人生そのものです。彼は常に農園を改良し続けますそれはコーヒーのクオリティを良くすることにつながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする