エチオピア グジ アラカ Ethiopia Guji Alaka

浅野氏

 エチオピア グジ アラカ Ethiopia Guji Alaka

まさにコーヒーの果実のジュース!!

圧倒的な果実感が幾重にも重なりまるでワインソースのような複雑な味わいを作り出しています。

コーヒーが果実であることを実感させてくれるコーヒーです。

コーヒー豆価格 1000円スタート

豆のまま…ミルをお持ちの方はこちらをおすすめします。

細挽き…直火式エスプレッソ マキネッタ用など

中挽き…ペーパーフィルター向け 定番の挽き目です。

中粗挽き…金属フィルター向け 当店のドリップの挽き目はこちらです。

粗挽き…フレンチプレス用


このコーヒーの生産地情報
国:エチオピア
エリア:グジ・ハンベラ地区
農園名:alaka
生産者:METAD社
標高:2100m
品種:在来種
精製処理:サンドライ

~ストーリー~

エチオピア、オロミア州に位置するハンベラ地区は、標高1900m‐2300mに位置しプランテーション農園「ALAKA」は標高2100mです。気温は換気で10℃~35℃と寒暖差が大きくコーヒーの発育に良好な気候条件となっています。あたりを豊かな森林で取り囲まれており湧水が森林全体に行き渡るように施されており柔らかな腐葉土の地面になっています。

豊かな自然をもつ農園

生物と共存


このコーヒー豆は浅野氏がより良いコーヒーに出会うためには産地からだと決心したところから始まります

浅野氏

素晴らしいコーヒー作るためには農園に入ること。

そのためにはバイヤーになること。

そうやってより良いコーヒーのための活動が始まりました。

コーヒーを作ることでエチオピアがよりよく、

コーヒーを買い焙煎し、愉しむことで日本がより良くなること。

このコーヒーは日本とエチオピアを繋ぎ合わせる

接着剤のようなコーヒーなのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする