ブルンジ ブジラ CWS

チョコレートのような幾重にも重なるような甘さ。

ブラッドオレンジや赤ワインのような甘酸っぱさ。

生クリームのような柔らかな質感。

表情豊かな印象を受けるコーヒーです。


浅めの焙煎に仕上げていますがそれでもしっかりとしたボディ感やい、

甘さや質感の重厚感を強調した仕上がりになっています。



国:ブルンジ
標高:1900-2050m
エリア:カヤンザ
品種:ブルボン
農園名:ブジラ ウォッシングステーション
生産処理:ナチュラル

ブルンジコーヒーの可能性を信じ

ブジラ・ウォッシングステーションは首都ブジュンブラより北部の地域、カヤンザにあり、ステーション周辺の3000に及ぶ生産者のチェリーを生産処理しています。2009年、当時コーヒーの配送や通関業に携わっていたサルム氏が、ブルンジコーヒーの成長と可能性に掛けて始めたのが、このブジラ・ウォッシングステーションでした。

 ブジラは周辺の6つの丘で生産されるコーヒーを、キビラフォレストからの清涼な水で生産処理を行い、その甘くジューシーで爽やかなコーヒーは多くのコーヒーバイヤーを魅了してきました

一歩ずつ成長を

現在は、ブジラ以外にもンビリジCWS、シェンバティCWS、セヘCWSと4つのウォッシングステーションを運営し、今後は品質を高めるためにドライミルやカッピングラボなどにも着手していくそうです。
 またカヤンザエリアは人口が多く、農家一軒当たりの面積は1ヘクタールほど。土地が不足している為、価格が高い中、サルム氏は少しずつ直営の農園を作り、シェードツリーによる生長の検証や品種の検証を始めています。


新しいコーヒーの風味表現に目を向けて

ブルンジは、伝統的にウォッシュドコーヒーを生産しています。そうした中で、サルム氏は積極的に海外の展示会に赴き、各国バイヤーの要望や他国のコーヒーの味わい、活動を吸収するなど、真摯に新しいコーヒーの風味表現に目を向けています。隣国のルワンダ・バフコーヒーのサム氏とも交流を深め、国境を越えて良質なコーヒーを生産する志と情熱を分かち合っています。
 そうして生産されたブジラ・ナチュラルは、ブジラ・ウォッシュドの持つ豊かな風味を纏った艶美なナチュラルコーヒーに仕上がりました。


スタッフよりおすすめの一言。

ぜひ一緒に合わせて欲しい食べ物

このコーヒーはちょっと面白い。

表情豊かなこのコーヒーを活かしてくれるのが。佐賀県嬉野市にあるナカシマファームさんが作られている。

ブラウンチーズ。

口の中でコーヒーの組み合うと甘さがや芳醇さがより生き生きとしてきます。

ぜひお試しくださいね。

ナカシマファームさんのブラウンチーズについてはどうぞこちらから。

https://www.browncheese.online/