ルワンダ コプロカ CWS

ルワンダ コプロカ CWS

プラムや青りんごを思わせる香り。
明るい柑橘系の味わいとてんさい糖のような長く続く特徴的な甘さ。それに続く後味は雑味なく好印象で終わるコーヒーです。

豆のまま…ミルをお持ちの方はこちらをおすすめします。

細挽き…直火式エスプレッソ マキネッタ用など

中挽き…ペーパーフィルター向け 定番の挽き目です。

中粗挽き…金属フィルター向け 当店のドリップの挽き目はこちらです。

粗挽き…フレンチプレス用


~このコーヒーの生産地情報~
生産地区:同国西部ニャマシェケ地区
ウォッシングステーション名(水洗工場):コプロカ(COPROCA)
標高:1,700-1,900m 
生産者数:1000農家
ドライミル(精選所):ルシジドライミル(ドーマン保有)

選定の細やかさが品質につながります。

千の丘の国から

1994年の悲惨な出来事から「アフリカの奇跡」とも称される復興をとげた千の丘を持つ国ルワンダ。絶滅危惧種であるマウンテンゴリラが生息する自然豊かな大地で育つ、魅惑のコーヒーをお楽しみいただきたいと思います。
「千の丘の国」の言葉通り、どこを切り取ってもそこには丘が存在します。丘の上から見渡すその風景もまた丘ですが、それはまるで天空に浮かぶ丘の如く美しいパノラマです。

品質へのこだわり

ドーマン社の管理するウォッシングステーションでは、チェリー受け入れ時に目視で未成熟・過熟をハンドピックする等品質へのこだわりに余念がありません。
ルワンダコーヒーにおいて最大の懸念事項であるポテト臭の発生を防ぐため、栽培環境を整えたり、念入りに原料のチェックをしたりしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする